松戸市平賀にある日蓮宗の寺院、あじさい寺、朗門の三長三本の本山

年中行事について
開山堂にて檀信徒の皆様の新年の御祈願を行います。
また正月のみ破魔矢、 絵馬の御守りを取り扱い致します。

本堂の法要後、 開山堂前特設壇上より豆まきを行います。
豆には、くじが付いており書かれた景品が当たります。
どなたでもご参加できます。


春分の日の前後三日間を合わせて一週間を春のお彼岸といい、「彼の岸」
つまり仏さまの悟りの境地へ辿り着くために仏道修行を行う期間であり、
その一環として御先祖様へお墓参りなどのご供養を捧げます。
当山では春分の日に彼岸法要を本堂にて行います。


灌仏会ともいい、お釈迦様の御生誕を祝す法要です。
本堂前には誕生仏の像が置かれ、
甘茶をかけお釈迦様の誕生を祝すことができます。


もともとは佛の十大弟子の阿難尊者が焔口餓鬼に三日後に餓鬼道に
落ちると言われ、餓鬼道を免れる為にお釈迦様より「施餓鬼法」を
教えてもらい、全ての餓鬼に供養することができ、餓鬼道に落ちることを免れ、
さらに寿命を延ばすことができたという仏説が由来であります。

御先祖様、無縁仏、餓鬼、被災物故者、戦没者などありとあらゆる霊位にご供養し、
功徳を得て自らも延寿のご利益を得る大切な行事です。



秋分の日の前後三日間を合わせて一週間を秋のお彼岸といい、「彼の岸」
つまり仏さまの悟りの境地へ辿り着くために仏道修行を行う期間であり、
その一環として御先祖様へお墓参りなどのご供養を捧げます。
当山では秋分の日に彼岸法要を本堂にて行います。


宗祖日蓮聖人の御命日の大法要です。
境内では纏(まとい)、団扇太鼓、笛などで構成される万灯行列が行われます。

夜十一時より翌朝二時頃まで開門しお参りすることができます。
また、除夜の鐘を先着108名様まで突くことができます。
十二時より歳末報恩会のお経が始まります。



上記、行事期間は参拝無料にてご案内しております。
また、御予約にて安産、お宮参り、七五三、厄払い、交通安全ほか各種祈願を随時お受け致しますので、
お気軽にご連絡、ご相談下さい。



ページのトップへ戻る